個人再生

個人再生の弁護士費用は後払いより分割払いのほうが安心

個人再生の弁護士費用は後払いより分割払いのほうが安心

個人再生を弁護士に依頼した場合、弁護士費用の相場は30万円~60万円と、かなりまとまったお金が必要になりますが、弁護士費用は後払いにするより、借金の返済がストップしている間に分割払いで無理なく支払った方が楽です。

なお、お金がない人は「法テラス」を通じて弁護士と契約することで、弁護士費用を割安に抑えながら後払いにしてもらうことが可能です。

個人再生の弁護士費用は後払いより分割払いがおすすめ

弁護士事務所の中には後払いに対応しているところも多くありますが、個人再生開始後に借金の返済がストップする期間があるので、その期間を利用して弁護士費用を支払っておいたほうが後々楽になります。

個人再生を弁護士に依頼すると、まず「受任通知」という通知が会社側に送られます。

受任通知を受け取った後は個人再生が完了するまで督促をしてはいけないという決まりがあるので、個人再生の開始から4~6カ月程度の間は借金の返済がストップします。

この期間に分割払いで弁護士費用を支払うことで、借金返済と同時に弁護士費用を支払わなくて済むようになります。

個人再生の弁護士費用を後払いにする方法

月収18万円以下で、持っている財産をお金に替えた時の金額が180万円以下の人(一人暮らしの場合)など、お金がない人の場合は「法テラス」で個人再生の費用を立て替えてもらい、後払いで無理なく返済していくということも可能です。

法テラスとは国の法人である「日本司法支援センター」のことで、お金がない人を対象として無料法律相談や弁護士費用・司法書士費用の立て替えといったサービスを提供しています。

法テラスで弁護士費用を立て替えてもらうと、通常より安い費用で個人再生を行うことができるので、収入や財産が少ない人は法テラスを通して弁護士と契約するといいでしょう。

まとめ

弁護士費用は後払いにすることもできますが、個人再生の開始から完了までの期間は借金の返済が一時的にストップするので、この期間を利用して分割払いで弁護士費用を支払ってしまったほうが、借金の返済が始まってから弁護士費用を支払うことにならなくて済むので楽です。

お金がない人の場合、国の法人である「法テラス」を利用して弁護士と契約すると、通常よりも安い費用で個人再生ができ、弁護士費用を後払いにしてもらうことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です