任意整理

任意整理でブラックリストに載るとできなくなる5つのこと

「ブラックリストに載るのが心配で任意整理できない」という人は少なくないですが、ブラックリストに載ることでできなくなるのはクレジットカードの利用、新たな借金、分割払いでの買い物、保証人になること、信販系の保証会社を利用することの5つだけです。

ここでは、任意整理でブラックリストに載るとできなくなる5つのことについて説明しながら、対応策も紹介していきます。

任意整理でブラックリストに載るとクレジットカードが使えなくなる

任意整理でブラックリストに載る約5年間は、手持ちのクレジットカードが利用停止になり、新たにクレジットカードを作成しようとしても審査に落ちるようになります。

公共料金やスマホ代などの毎月の支払いがクレジットカード払いになっている人は、あらかじめ口座引き落としやコンビニ払いなどに支払方法を変更しておきましょう。

また、デビットカード(支払いをするとすぐに口座からお金が引き落とされるカード)やプリペイドカード(チャージしておいた金額のぶんだけ支払いができるカード)は、クレジットカードと似たような感覚で使えて便利です。

任意整理でブラックリストに載ると借金ができなくなる

任意整理でブラックリストに載っている間は、住宅ローンや自動車ローンといった低金利ローンに加え、キャッシングや銀行カードローンなどでの借金もできなくなります。

ブラックリストは家族には影響がないので、どうしてもローンを組む必要があるなら家族の名義で組んでもらうとよいでしょう。

任意整理でブラックリストに載ると分割払いでの買い物ができなくなる

任意整理でブラックリストに載ると、スマホなどを分割払いで買うことができなくなりますが、本体代を一括払いにすれば、スマホの回線契約自体は問題なく行えます。

ただし、滞納していたスマホ代を任意整理した場合などは例外的に回線契約ができない場合があります。

任意整理でブラックリストに載ると保証人になれなくなる

任意整理でブラックリストに載った本人は、借金の保証人になれません。

例えば、子どもに奨学金を利用させたい場合も、他の家族に保証人となってもらうか機関保証を利用させる必要があります。

任意整理でブラックリストに載ると信販系の保証会社が使えなくなる

任意整理でブラックリストに載ると、賃貸契約をするときに「信販系」と呼ばれる保証会社が利用しづらくなります。

不動産会社などに信販系以外の保証会社を紹介してもらうことで、賃貸契約自体は問題なくできます。

まとめ

任意整理でブラックリストに載る5年間は、クレジットカードの利用や作成、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでのスマホ購入、保証人になること、信販系の保証会社を利用することが難しくなります。

こうしたデメリットは適切な対策を取ればかなり軽減できるので、試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です