任意整理,  個人再生,  自己破産

借金の返済が終わらない!正しい返済方法や増やさないコツは?

借金の金額が大きくなってくると、支払いを続けているのにいつまでたっても返済が終わらないという状況になることがあります。

実は、借金には正しい返済方法や返済のコツがあり、それを知らずになんとなく返済をしていると、延々と利息を支払い続けるはめになってしまうのです。

ここでは、借金額が100万円くらいの人に向けて、借金返済を終わらせるための方法を2つ紹介します。

借金の返済が終わらないのは「繰り上げ返済」をしていないから

借金返済を終わらせる1つめの方法は、「繰り上げ返済」をすることです。

借金をすると、お金を借りた会社から毎月の最低返済額が連絡されますよね。

繰り上げ返済とは、最低返済額よりも多くのお金を返済することをいいます。

実は、最低返済額だけを返済していると、支払った金額の大部分が利息にあてられてしまい、元本がほとんど減らないという状況に陥ってしまうのです。

例えば、三井住友銀行カードローンで50万円を借りた場合、毎月の最低返済額は1万円ですが、なんと6000円以上は利息の支払いになっていて、元本は3000円ちょっとしか減りません。

しかし、繰り上げ返済をすれば、余分に支払ったお金はすべて元本の返済にあてられます。

さきほどの三井住友銀行カードローンの借金50万円の例だと、15000円を支払えば元本は8000円以上減りますし、2万円を支払えば元本は13000円以上減ります。

ただし、当然ながら繰り上げ返済をするためにはお金の余裕をつくらなければならないため、副業をして収入を増やすか、節約をして支出を減らす必要があります。

副業をしたい場合、「クラウドワークス」(https://crowdworks.jp/)や「ランサーズ」(https://www.lancers.jp/)といったサイトを利用すれば、自宅でできる様々な副業に応募できます。

また、節約の方法には固定費を減らす方法とその他の支出を減らす方法があります。

固定費とはスマホ代・インターネット代・電気代など毎月支払い続けているお金のことで、プランを見直すことで節約になります。

その他の支出を減らすには、例えば家計簿をつけて無駄な支出を減らす、コンビニで買っていたお菓子や飲み物をスーパーで買うようにする、といったことを心がけてみてください。

借金の返済が終わらないなら「債務整理」も検討しよう

借金額が100万円くらいであれば、一般的な収入のある人なら、前述した繰り上げ返済で完済できることが多いです。

しかし、収入がそんなになかったり、これ以上支出を減らすのが難しかったりと、繰り上げ返済ができない人もいますよね。

その場合は、「債務整理」をするという方法があります。

債務整理とは、法律で認められた借金減額の正式な手続きで、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があります。

任意整理は利用する人が一番多い債務整理で、利息や遅延損害金を0円にして返済期間を60回程度に設定し、毎月の負担を減らすことができます。

個人再生は借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年かけて返済する債務整理です。

自己破産は財産を処分する代わりに借金そのものをなくせる債務整理で、収入がまったくない人でも行うことができます。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うのが一般的で、借金額や収入などの状況を相談すれば、弁護士などがあなたに最適な手続きを選んでくれます。

まとめ

借金には利息がつくため、月の最低返済額しか支払わない状況が続くと、延々と利息を支払い続けるはめになり、借金の返済が終わらないという状態に陥ってしまいます。

そこから抜け出すには、最低返済額よりも多くのお金を支払う「繰り上げ返済」をする必要があります。

ただし、繰り上げ返済をするにはお金の余裕をつくらなければならないので、副業などで収入を増やすか、節約して支出を減らすといった工夫をしてください。

繰り上げ返済で借金を完済するのが難しい人は、「債務整理」をして借金を減額してもらえば、完済への道が開けます。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、弁護士や司法書士に依頼して行えば最適なものを選んでもらえるため、特別な知識がなくても簡単に借金を減らせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です