任意整理

任意整理は借金いくらから?具体的な数字と根拠を解説

任意整理は借金が返せなくなってしまった人でも完済への道を見出すことができる心強い債務整理ですが、具体的に借金いくらから任意整理できるかご存知ですか?

ここでは、任意整理をするべき借金はいくらからなのか、具体的な数字をあげて根拠を解説します。

任意整理は借金いくらからというルールはない

借金を減額する手続きである「債務整理」には、任意整理の他に借金の元本を減らせる「個人再生」と借金自体をなくせる「自己破産」があります。

個人再生は法律によって元本は100万円までしか減額されないというルールが定められているため、100万円以下の借金は個人再生する意味がありません。

また、自己破産は借金額いくらからという具体的な数字が決められているわけではありませんが、任意整理や個人再生で解決できる借金の場合は自己破産できないという決まりはあります。

その一方で、任意整理はいくらからでないとできないというルールが一切ありません

任意整理をするべき借金額はいくらから?

任意整理は、「借金の返済が苦しい」と思ったら行って構わない手続きなので、返済に困ったタイミングが任意整理をするべきときだといえます。

もっと具体的な数字で考えるとすると、任意整理にかかる費用を考えたうえで損にならない借金額の場合に任意整理をすればよいともいえます。

任意整理にかかる費用は、司法書士に依頼する場合で1社につき25万円弁護士に依頼する場合で1社につき着手金4万円程度+減額報酬10%程度となります。

例えば、30万円の借金を任意整理した場合、減額できるのは利息の全額である3万円程度までなので、選んだ法律事務所によっては減額できる借金より費用のほうが高くつきます。

一方、借金額が50万円の場合は利息分である約10万円が減額できるため、費用が高めの法律事務所に依頼した場合でも結果的にプラスになることが多いでしょう。

ただし、既に滞納している場合や収入が少なすぎて返済が厳しい場合など、状況によっては任意整理をしたほうが総合的に見てプラスになることもありますので、わからない場合は弁護士や司法書士に相談してみることをおすすめします。

まとめ

個人再生や自己破産とは異なり、任意整理は借金額いくらからでないとできないという決まりがありません。

ただ、任意整理にも費用がかかるので、一般的な例だと借金額50万円くらいからなら金銭的にプラスになるといえます。

ただし、状況によっては金銭的に若干マイナスになっても任意整理で返済スケジュールを調整してもらったほうがいいこともありますので、気になったら法律事務所に相談するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です