任意整理

任意整理で使う委任状とは?書式や作り方も解説

弁護士や司法書士に任意整理を依頼するためには、必ず委任状という書類が必要になります。

ここでは、任意整理で使う委任状とはどのような書類なのかに加えて、委任状の書式や作り方を解説していきます。

任意整理の委任状とはどのような書類なのか

委任状とは任意整理以外でもよく使われる書類で、本人以外の誰かに手続きなどを正式に任せるときに必要となります。

例えば、あなたが自分以外の誰かに市区町村役場で書類の交付申請を依頼する場合、住所や氏名、委任する内容を明記した委任状を持参してもらうことになるでしょう。

任意整理の場合は、弁護士や司法書士という他人にあなたの金銭に関する手続きを任せることになるので、資料請求や交渉、和解といった幅広い手続きについて委任状を作成する必要があるのです。

任意整理で使う委任状の作り方

任意整理で使う委任状には、本人の住所氏名と捺印、任意整理を依頼する弁護士や司法書士の氏名と弁護士会または司法書士会の名称、任意整理の相手方となる会社などの名称、委任する手続きの範囲といった内容を記載します。

そう聞くと難しく感じるかもしれませんが、実際には法律事務所で委任状の書式を用意してもらえるので、弁護士・司法書士の氏名と弁護士会・司法書士の名称、委任する手続きの範囲については法律事務所側が記載してくれます。

また、相手方となる会社などの名称についても、キャッシングのカードやクレジットカード、取引明細や契約書といった、借金の借入先についての情報がわかる資料を持参すれば、弁護士や司法書士が記載してくれることがほとんどです。

(資料が手元に残っていない場合は、どこからいくら借りたかといった情報をメモにまとめて持参するといいです。)

つまり、当日に法律事務所であなたが記入しなければならないのは住所氏名のみなので、特に難しいことはありません。

ただし、印鑑は必ず必要になります。認印で構わないので、忘れずに持参してください。

まとめ

委任状とは本人以外の誰かに手続きなどを正式に任せるときに必要となる書類で、任意整理の場合は弁護士や司法書士に渡すことになります。

任意整理の委任状には、本人の住所氏名と捺印、弁護士・司法書士の氏名と弁護士会・司法書士会の名称、任意整理の相手方の名称、委任する手続きの範囲を明記する必要があります。

実際に委任状を作成するときには、法律事務所で委任状の書式を用意してもらえるので、本人は住所氏名を記入して捺印するだけでOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です