任意整理

任意整理後に一括返済すると借金を減額してもらえるって本当?

借金が返せなくて任意整理をしたものの、後になってから思いがけず臨時収入が発生するという状況も大いにあり得ることです。

任意整理後の臨時収入で借金の一括返済をすることは可能ですが、いくつか知っておいたほうがいいメリットとデメリットがありますので、この記事で紹介していきます。

任意整理後に一括返済をするメリット

任意整理後に借金の残高を一括返済できる場合、借金の元本を減らしてもらえる可能性があります。

もともと任意整理で利息や遅延損害金をカットしてもらっているので大きな減額ではないですが、100万円だったところを90万円にしてもらえるといった減額はしてもらえる可能性があるので、弁護士などに依頼して交渉してもらうとよいでしょう。

また、借金を一括返済することで「返済が終わった」という精神的な安定感を得ることもできます。

任意整理後に一括返済をするデメリット

任意整理後は借金の利息が全額カットされているため、一括返済をしても利息分が得になるということはありません

また、任意整理をするとお金を貸す会社が加盟している「信用情報機関」に情報が登録されてブラックリスト状態になるため、クレジットカードやローンが約5年間使えなくなります。

任意整理後に一括返済をしてもブラックリストが消えるわけではないので、その点は覚えておいてください。

さらに、借金を返済するときには「債権者平等の原則」というルールを守る必要があります。

つまり、お金を借りたすべての会社に対して平等に返済をしなければならないということです。

ですので、一括返済をするときは特定の会社にだけ返済するなど不平等な返済になってしまわないよう、弁護士や司法書士のアドバイスを聞きながら行った方がよいでしょう。

まとめ

任意整理後に一括返済をすると、借金完済という精神的な安心感を得られるだけでなく、借金の元本を少し減額してもらえるというメリットを受けられる可能性もあります。

ただし、任意整理後の借金は利息がカットされているため、一括返済することで利息分が得になることはありません。

また、一括返済をしたからといってブラックリストが消えるわけではないので注意してください。

さらに、借金には「債権者平等の原則」というルールがあるため、一括返済をする際は特定の会社に返済が偏らないよう、弁護士や司法書士のアドバイスを受けながら行ったほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です