任意整理,  個人再生,  自己破産

借金を減らせる「債務整理」とは?メリット・デメリットを解説!

「債務整理」とは、借金を減額したりなくしたりできる正式な手続きのことで、弁護士や司法書士に依頼すれば特別な知識がなくても行うことができます。

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった種類があり、それぞれメリットやデメリットが異なるので、自分に合った手続きを選ぶことが大切です。

この記事では、それぞれの債務整理について方法・費用・期間などを解説していきます。

任意整理とは借金の利息を0円にできる債務整理

任意整理は債務整理の中でも最もポピュラーな手続きです。

任意整理のメリットは、利息や遅延損害金を0円にしたうえで、返済期間を60回払い程度に設定することで、毎月の負担を軽くすることができるということです。

また、任意整理は弁護士や司法書士に依頼した後で本人がやらなければならないことがほとんどなく、とても楽に借金を減らせます。

さらに、任意整理は裁判所を通さない私的な交渉なので、どの借金を整理するか自分で自由に選ぶことができるため、保証人に迷惑がかからないようにしたり、ローン完済前の車を残して借金を減らしたりできます。

ただし、任意整理をすると約5年間、以下のような信用が必要となる取引ができなくなるというデメリットがあります。

・クレジットカードの利用や作成

・ローンやキャッシングでの借金

・スマホや家電などの分割払い

・借金の保証人になること

任意整理の費用は、1社につき2万~7万円程度です。

任意整理にかかる期間は相手先となる会社によって違いますが、2~6カ月程度で終わることがほとんどです。

個人再生とは借金を5分の1程度に減額できる債務整理

個人再生とは、裁判所を通して借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、35年かけて返済する形の債務整理です。

個人再生のメリットは、借金の元本を減らせることと、「住宅ローン特則」という制度を利用すればローン完済前の家を残せるということです。

逆に、個人再生のデメリットとして、すべての借金が整理されるため保証人に迷惑がかかったり、ローン完済前の車がローン会社に回収されたりするという点があります。

また、個人再生では持っている財産をお金に替えた場合の金額よりも借金を減らしてもらうことはできません

例えば、借金額が500万円の人なら、個人再生をすると返済額は100万円になりますが、150万円の価値がある車を持っている場合は、借金を150万円までしか減額してもらえません。

なお、個人再生では、クレジットカードの利用などの信用が必要な取引が約510年間できなくなります。

個人再生の費用は50万~70万円程度です。

個人再生にかかる期間は、6~12カ月程度が一般的です。

自己破産とは借金そのものをなくせる債務整理

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金をなくしてもらうことができる債務整理です。

個人再生のメリットは借金そのものがなくなるため、手続きが終われば返済する必要が一切なくなるということです。

また、自己破産では財産が処分されるというデメリットがありますが、99万円以下の現金と家具家電などの生活必需品は手元に残すことができます

さらに、自己破産をすると手続き中は特定の職業に就けなくなるというデメリットもあります。

自己破産の手続きには財産がない人がとる「同時廃止」と、財産がある人がとる「管財事件」の2種類があり、それぞれ費用や期間が違います。

同時廃止の場合、費用は30万円程度、期間は3~6カ月程度かかります。

管財事件の場合、費用は50万~70万円程度、期間は6~12カ月程度となることが一般的ですが、それより長期になることもあります。

なお、自己破産の場合も約510年間、クレジットカードの利用などの信用が必要な取引ができなくなります。

まとめ

債務整理とは借金を減額してもらえる正式な手続きで、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があります。

任意整理は最も人気のある債務整理で、利息を0円にして返済期間を調整することで、毎月の返済の負担を減らすことができます。

個人再生は借金の元本を5分の1程度に減らしてもらうことができ、「住宅ローン特則」で家を残せるという特徴もあります。

自己破産では財産が処分されますが、借金そのものをなくしてもらえるため、手続き後は返済の必要がなくなります。

 

名古屋で借金にお困りの方におすすめの債務整理に強い弁護士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です